当社プロポリスが最高級といわれる理由

 生環研について

●特定商引に基づく標記    ●プライバシポリシー(個人情報保護について)

アルテピリン
アルテピリンC
1998年および、1999年に日本癌学会で報告されたアルテピリンCはフラボノイドではなく桂皮酸誘導体であると発表されました。
特にこの成分は、アレクリン系を起源植物とするプロポリスだけに含まれている成分です。

サイトマップ

各種の基礎研究で『アルテピリンC』が異常細胞の増殖を抑制することが明らかになっています。そのメカニズムは、それらの細胞のDNA合成が阻害されることによるものです。更に、ミトコンドリアに損傷を与えて消滅に追い込むことも観察されています。現在も各種の研究が行われています。

アルテピリンC(artepillin C)の基礎研究で、試験管内培養細胞にアルテピリンCを直接的に10~100μg/ml投与により、強い増殖抑制効果があることが明らかになりました。ヒトガン細胞をヌードマウスに移植した実験では、100日後の結果では、やはり増殖抑制作用が確認されました。
その作用メカニズムはガン細胞のDNA合成が阻害された結果、細胞が自然死(アポトーシス)するという結果が出ているようです。また、ミトコンドリアに損傷を与えてガン細胞を自殺に追い込むことも観察されています。
アルテピリンCには副作用はありませんし、βーグルカンなどとの相互作用もありませんので、それらを含んだものを一緒に摂っても、全く問題ありません。

最近においても、種々研究が行われているようです。

Home>健康食品

アルテピリンCとは

《販 売 元》 株式会社 生存環境科学研究所

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-26-9
0120-078-962 / FAX:03-3807-0701
reserved:予約した;予約済み;貸切り;控え目
rights:利権
all:全部の;一切;すっかり;全て
co.,ltd:(結果なし)
seikanken:㈱生存環境科学研究所(略称:生環研)
2009:(結果なし)
copyrights:著作権;版権;コピーライト