Home社長挨拶

現在、日本は未曾有の高齢化社会に突入し高齢者が健康に充実した生活を送れるようにすることが重要な課題となっています。また、食生活の欧米化やストレスによる生活習慣病の増加と急速な高齢化の進行により、日本の国民の医療費は増大の一途を辿っています。こうした状況において大切なことは個人から社会全体に至るまで健康管理に努めることであり、そのためには適切なサポートが必要です。

また厚生労働省の試算によれば、団塊世代が75歳になる2025年には約38万人の介護人材が不足するとされています。介護人材の不足は必要な介護が受けられない「介護難民」の増加につながり、早急な対策が求められています。

医療の高度化と共に病気の予防と回復はますます重要となってきます。病気と共生しながらより良い人生を送ることも求められています。
当社は「自分の体は自分で守る」というこれからの時代の要請に合わせ、『安心・安全・体感』の健康食品・医療機器の販売や、介護の人材不足に対する支援活動など、たゆみない研究開発を重ね多様化するニーズに対応した事業を展開しています

健全な生命力、健全な社会、そして新しい地球環境の創造。
私たちは生存環境科学の提唱者である野本亀久雄博士の思想を実践し、科学の発展及び福祉と健康の向上に貢献するために
設立された会社です。


一人一人が健康に明るく生活していく“いのちに優しい
時代”を築くために私たちは常に前進と創造を続けて
います。

生環研最高顧問/九州大学名誉教授 野本亀久雄

 生環研について

●特定商引に基づく標記    ●プライバシーポリシー(個人情報保護について)

サイトマップ

reserved:予約した;予約済み;貸切り;控え目
rights:利権
all:全部の;一切;すっかり;全て
co.,ltd:(結果なし)
seikanken:叶カ存環境科学研究所(略称:生環研)
2009:(結果なし)
copyrights:著作権;版権;コピーライト

代表取締役社長

岡本 美好

ごあいさつ

( Greetings )

by Miyoshi. Okamoto, Chief Exective Officer,
Institute of Bioexistence Iuc.(IBI)

 

The current Japanese social conditions have been facing unprecedented aged society. Healthy life of the aged people is a key issue of the entire society, consequently of the infrastructure and of Japanese government.
On the other hand dietary life has changed to the westernized habit which may trigger increase in social stress subsequent with lifestyle related disease. We understand how to face with the situation. The social circumstances need a systematic on one hand and personal approach on the other hand in order to meet with the requirement.

As the medical science advanced, individual responsibility to protect or to care themselves as preventive mind is getting more increasing. The support to the needs should be provided as an important issue of our marketing strategy.

 

We are an innovative and growing company. In order to meet with needs
we will be able to supply products, knowledge, information and services.     

Our eternal objective is to contribute to individual health under the individual circumstances.

ごあいさつ