サイトマップ

アルテピリンCとは

Home>健康食品

各種の基礎研究で『アルテピリンC』が異常細胞の増殖を抑制することが明らかになっています。そのメカニズムは、それらの細胞のDNA合成が阻害されることによるものです。更に、ミトコンドリアに損傷を与えて消滅に追い込むことも観察されています。現在も各種の研究が行われています。

アルテピリンC(artepillin C)の基礎研究で、試験管内培養細胞にアルテピリンCを直接的に10~100μg/ml投与により、強い増殖抑制効果があることが明らかになりました。ヒトガン細胞をヌードマウスに移植した実験では、100日後の結果では、やはり増殖抑制作用が確認されました。
その作用メカニズムはガン細胞のDNA合成が阻害された結果、細胞が自然死(アポトーシス)するという結果が出ているようです。また、ミトコンドリアに損傷を与えてガン細胞を自殺に追い込むことも観察されています。
アルテピリンCには副作用はありませんし、βーグルカンなどとの相互作用もありませんので、それらを含んだものを一緒に摂っても、全く問題ありません。

最近においても、種々研究が行われているようです。
プロポリスは、ミツバチが樹木の樹皮をかじり取り、それを自らの唾液で混ぜ合わせた 天然抗生物質です。 ハチミツやローヤルゼリーは良く知られているところですが、ミツバチは何故プロポリ スを生産するのでしょうか。それは、外敵である昆虫の侵入を防ぎ、雑菌、ウイルスの 繁殖を防止して巣内を常に清潔な状態に保つ為なのです。 プロポリスはミツバチが植物から接種してくるものですから、含まれる成分も起源植物 の種類によって異なります。

ブラジルを除く南米、中国、ヨーロッパ、オセアニアなどで生産されるプロポリスは 多少の差はありますが、その主たる成分はフラボノイドです。一方ブラジルで生産される プロポリスの主たる成分は桂皮酸誘導体です。この違いはどこから来るのでしょうか。 それは他のプロポリスの起源植物がポプラやユーカリなのに対し、 このプロポリスの起源植物はアレクリン系の多年生の草木なのです。
reserved:予約した;予約済み;貸切り;控え目
rights:利権
all:全部の;一切;すっかり;全て
co.,ltd:(結果なし)
seikanken:㈱生存環境科学研究所(略称:生環研)
2009:(結果なし)
copyrights:著作権;版権;コピーライト
 
アルテピリン

1粒中に40mgのプロポリス濃縮ペーストを含み、その内、アルテピリンC約5,900μg以上含有されています。

在庫:
数量:

 生環研について

●特定商引に基づく標記    ●プライバシーポリシー(個人情報保護について)

《販 売 元》 株式会社 生存環境科学研究所

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-26-9
0120-078-962 / FAX:03-3807-0701
アルテピリンC
1998年および、1999年に日本癌学会で報告されたアルテピリンCはフラボノイドではなく桂皮酸誘導体であると発表されました。
特にこの成分は、アレクリン系を起源植物とするプロポリスだけに含まれている成分です。
内容量:   320mgX120粒
1日の目安量: 1~2粒
(体調がすぐれない方: 3~6粒)
通常価格: 30,240円(税込)
《お召し上がり方と用量》

1粒中に40mgのプロポリス濃縮ペーストを含み、その内、アルテピリンCが約5,900μg 以上含有されています。
健康維持を目的とされる方は1日に1~2粒、体調がすぐれない方は、1日3~6粒 お召し上がり下さい。


38.4g(320mg×120粒)
1粒中の内容量190mg
通常価格:30,240円(税込)

ブラジルの大自然のパワーを一粒一粒に濃縮!!

■栄養成分表示/1粒当た
 エネルギー
1.3kcal 
 タンパク質
0.06g 
 脂   質
0.1g 
 炭水化物
0.02g 
 ナトリウム
0.16mg 
添加物は一切使用していません。
1998年および1999年に日本癌学会で報告された
アルテピリンCはフラボノイドではなく桂皮酸誘導体 であると発表されました。特にこの成分は、アレクリン系を起源植物とするプロポリだけに含まれる成分です

ブラジルの中でも一番注目されているプロポリスで、『アレクリン系の植物』の新芽のみから、アフリカミツバチが採取するプロポリスの事を言います。⇒桂皮酸誘導体アルテピリンCを多く含んだ植物。

在庫:
数量:

■アルテピリンC含有量比較分析