当社では、自社商品或いは導入商品を市場導入するに際して、最重要課題として、安全性、ヒトによる症例でのエビデンス、そして体感の三項目で実証された商品のみ販売することを前提としている。

〈他社商品の導入〉

 導入商品を検討する際は、素材の地域性、価格構造、流通での販売価格やルートの混乱状況等、商品の独自性もさることながら、流通整備や価格の面をむしろ重点指向している。更に、自社商品開発と同様、「ヒトでのエビデンス」は欠かせません。

〈自社商品開発〉

 当社は、商品開発に際して、差別化戦略を大切な切り口としている。国内、海外を問わず、新規原料素材を導入するにしても、現在市場にないもの、市場として未成熟で将来発展する余地があるジャンルに特化している。
 既存の原料素材を用いて、商品開発を行う際には、機能性区分の素材による相乗効果を狙ったり、ターゲットセグメントを絞ったり、他社のミーツー戦略を防ぐ細かなたんを配慮している。
 上記いずれの開発路線をとるにしても、ヒトによるエビデンスが最重要評価項目である。最近は市場で「ヒトでのエビデンス」をとることが浸透しており、病院、クリニック、大学或いは企業内調査など、動物実験や基礎研究のみに頼ることなく安全性も含めてあるべき姿に向かいつつあるように思われる。

Home商品開発

〈機能性表示食品〉

 株式会社生存環境科学研究所は、
 ルテイン・ゼアキサンチン含有食品
「生環研ひとみにルテイン ゼアキサンチンplus(プラス)」を
 機能性表示食品として消費者庁に届出をいたしました。
 
 本商品は、日邦薬品工業株式会社にて販売しております。
 
【機能性表示食品】生環研ひとみにルテイン ゼアキサンチンplus(プラス)
 ・届出番号:B162
 ・機能性関与成分:ルテイン(18mg)、ゼアキサンチン(2mg)
 ・届出表示:本品には、ルテイン・ゼアキサンチンが含まれます。ルテイン・
 ゼアキサンチンは光の刺激を和らげ、眼のコントラスト感度(ぼやけの解消に
 よって、はっきりと物を識別する感度)を改善する機能があることが報告されております。
 
届出内容の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc02/?recordSeq=41610280190200

 生環研について

●特定商引に基づく標記    ●プライバシーポリシー(個人情報保護について)

サイトマップ

reserved:予約した;予約済み;貸切り;控え目
rights:利権
all:全部の;一切;すっかり;全て
co.,ltd:(結果なし)
seikanken:叶カ存環境科学研究所(略称:生環研)
2009:(結果なし)
copyrights:著作権;版権;コピーライト