おなかだけでなくからだの中からもはたらく乳酸菌

​ナノ型乳酸菌

ナノ型乳酸菌nECとは…?

​ナノ型乳酸菌nEC(ナノエンテロコッカス・フェカリス)とは人の腸由来のフェカリス菌を長年の研究に基づき、菌の大きさによる働きの違いに着目して開発されました。

(特許第4621218を取得)

​従来の乳酸菌との違い

​エンテロコッカスフェカリス菌EC-12株をナノ化した乳酸菌がナノ型乳酸菌nECです。

EC-12株はもともと小さい乳酸菌ですが、ナノ化することにより本来の大きさの約1/15まで小さくできました。

​そのことによっておなかの環境を活性化できることが研究結果よりわかってきました。