ブルーライト(LED)から大切なを守る

​ルテイン

ルテインとは…?

カロテノイドと呼ばれる色素の一種で、ヒトは食事から摂取しています。

​しかし、含まれている量が少ないためマリーゴールドの花びらから抽出する方法が開発され、サプリメントとして利用されています。

​ルテインの働き

​ルテインは眼の水晶体や黄斑部などに含まれています。

紫外線や近年増加しているブルーライトといった強いエネルギーの光を吸収する働きがあります。

​また、抗酸化作用によって酸化ダメージを防止する働きもあります。

​ルテインが不足すると…?

​ルテインが不足することで加齢黄斑変性症(AMD)や白内障などの加齢疾患の発症リスクが高くなるという報告があります。

​その他にも、ルテインが肌や循環器の健康に役立つ可能性を示唆する研究結果も報告されています。

ケミン・インダストリー社(外部サイト)