お手洗い不安悩みが気になりだした方にお勧めする

ペポカボチャ

​ペポカボチャとは…?

​カボチャの品種は主に日本カボチャ・西洋カボチャ・ペポカボチャに分けられます。​日本カボチャと西洋カボチャは食用として使われていますが、ペポカボチャは古くからメディカルハーブとして、ヨーロッパを中心に広く使われてきました。

​ペポカボチャ種子とは…?

​ペポカボチャの種子には、フィトエストロゲン成分のリグナン類や、植物ステロールのδ(デルタ)7‐ステロールが含まれています。

ハーブ先進国のドイツでは、ペポカボチャの果肉部分は食用、種子はメディカルハーブとして、古くから使われてきました。

​現在では、ドイツ保健省の植物治療薬指針

コミッションE にて認可されている薬用ハーブです。

​コミッションEとは…?

​1978年、ドイツ保健省内に設立された専門委員会で、ハーブ製品の安全性と有効性を確認するための組織です。

​現在は医薬品医療機器連邦研究所に属し、世界的な研究機関となっております。